正しく知っておこう!糖尿病を徹底的に避けるコツ

糖尿病になってしまった時に現れる症状

糖尿病になると血糖値が基準値を超えます。低血糖になれば、手足の震えやめまいなどの症状も起こりやすく、急激に痩せることもあります。

糖尿病を引き起こしてしまう生活習慣ランキング

no.1

食生活の乱れが主な原因

欧米化の食事をする人が増え、脂っこい食事や糖質の多い食事を好んで食べる人が増え増えてきました。それが原因で、血液中に糖質があふれてしまい、インシュリンが効かなくなってしまったという人もいます。

no.2

運動不足で肥満になった

糖尿病患者の多くは中高年で、肥満患者が目立ちます。肥満は糖尿病の大きな要因になってしまい、運動不足は体内に溜まった糖質を消化できずにいます。

no.3

仕事などのストレスを抱えている

実はストレスも血糖値を高くしてしまう原因です。ストレスが溜まることでインスリンの分泌も悪くなり、血糖値を下げることが難しくなってしまいます。

正しく知っておこう!糖尿病を徹底的に避けるコツ

病院

どうして糖尿病を引き起こしてしまうの?具体的な理由とは?

通常、食事をすると膵臓にあるランゲルハンズ島β細胞からインスリンが分泌され、血糖値をコントロールします。しかし、このメカニズムが正常に機能しないと、血液中にブドウ糖があふれた状態になります。これが糖尿病の原因になります。

糖尿病を予防するための方法は2つ

糖尿病を予防するには2つ方法があります。1つは食事療法です。糖質コントロールをして、血液中にブドウ糖があふれないようにします。2つ目は運動療法です。運動をして減量をしたり、蓄積されたぶどう糖を消化して血糖値をコントロールします。

糖尿病かどうか今すぐ知りたいならクリニックへ

糖尿病かどうかを知りたいなら、クリニックへ行くことをお勧めします。小岩にあるクリニックでは、血液検査で糖尿病かどうかを判断します。主な検査方法は75gブドウ糖負荷試験です。空腹時の血糖値126以上、2時間後200以上が基準値となります。

糖尿病になりやすい人の特徴4選

体型が太っていること

糖尿病患者の多くは肥満傾向にあります。肥満はインスリンの働きを悪くしたい、血液中にブドウ糖があふれる原因になるので、運動をして痩せるようにしましょう。

遺伝的要因が考えられる

親や親族の中に糖尿病を患ったことがある人がいる場合、遺伝的要因で元々インスリンの分泌が悪く、血糖値を下げにくい場合があります。食事療法で改善できます。

慢性的なストレスを抱えている

仕事や育児など慢性的なストレスを抱えていると、インスリンの分泌が鈍くなって血糖値が上昇しやすくなります。なるべくストレスを溜めない生活を心がけましょう。

偏った生活を送っている

食事時間がいつも不規則で、脂っこいものなどバランスの悪い食事を長い期間続けると、糖尿病になりやすくなります。野菜を中心として、バランスの良い食事をとることを心がけましょう。

広告募集中